2009年12月31日

謹賀新年 | 2009年の人気エントリ


Avignon, France
明けましておめでとうございます。

このブログも2008年4月1日に始めてから、20ヶ月経ちました。総エントリ数が262となり、平均すると月に13エントリほど投稿してきたことになります。当初はヨーロッパ留学の良さを伝える不定期のアップデートを予定していましたが、いろいろ内容を拡張しつつ続けられているのは、見てくれたり反応をしてくれる人がいるおかげだと思います。

2009年の最後の月にGoogle analytics調べで50万ページビューを達成しました。ブログにアップロードされている260ページのデータがコピーされて読者のブラウザに配信され、なにがし反応を起こしていることに感動します。ありがとうございます。これからも地道に続けて良く予定ですので、よろしくお願いします。

2009年最もアクセスがあったエントリ

2009年最もはてなブックマークが付いたエントリ

2009年最もTweetされたエントリ

TwitterにおけるTweet数はサービスによって若干数に違いがあるのですが、Topsyで調べたTweet数です。

日本色の付いた技術ではもう世界で勝てない

もうそろそろ日本はもうダメだと言わなくてもよい

日本をもっとダメな国だと思い危機感を煽りましょう

市民が望んでないことを実現するリーダーが必要

日本人はなぜ悲観論が好きか

2009年最もふぁぼられたTweet

2009年6月に始めたTwitterも現在1200回つぶやきました。ふぁぼったー調べでファボが多い5つを紹介します。
  • 9月23日「白人がアフリカにやってきたとき、われわれは土地を持ち、彼らは聖書を持っていた。彼らはわれわれに目を閉じて祈ることを教えた。われわれが目を開いたとき、彼らは土地を持ち、われわれは聖書しか持っていなかった」ジョモ・ケニヤッタ http://ow.ly/qxJm

  • 12月4日 マ イケル・ムーア「アメリカになりたい気持ちは捨てて、日本のままでいて。1945年以来、皆さんが作り上げてきた、教育が大切だと考え、解雇はしないと 言っていた日本で居続けて。他国を一切侵略せず、侵略しようとしている国をサポートしない国に戻って」http://ow.ly/Ihmf

  • 10月10日 まじか。「新幹線や飛行機では、なぜか集中できるという人も多いのではないでしょうか。最近の研究で身体を動かさずとも、動いているという感覚があれば、脳が活性化することがわかっています」RT 池谷裕二が指南!やる気が出る「脳」のだまし方 http://ow.ly/tKUr

  • 10月29日 「過去1万年の人類史は極論すると、いわば悪貨(農業)が良貨(狩猟採集)を駆逐したグレシャムの法則史ということになる」RT 先進国ではなぜ、少子化するのか:日経ビジネスオンライン http://ow.ly/xbWy

  • 12月10日 「アメリカ人にとって英語は単なるコミュニケーションのツールでしかないのに、フランス人にとってフランス語は教養であり、アートである。アメリカ人にはなかなか理解できないが、フランス語は一種の歴史的記念物である」RT Style:30's Style http://ow.ly/KvYJ

2009年12月18日

市民が望んでないことを実現するリーダーが必要


Paris, France
東アジアに安定と調和のとれた社会を作ったり、少子高齢化による社会のダメージを補うためなど、これからは日本では様々な場面で大きな転換が求められることになると思います。そのためには、選挙で選ばれたリーダーが市民が望んでない政策を実現していく必要があるんだろうと思います。それも、突き詰めると単に”現在の日本”に必要なだけでなく、投票による民主主義システム全般にわたって必要不可欠だと考えられます。

2009年12月8日

フランスの移民政策は成功しつつあるという認識


Provins, France
フランスの移民政策は失敗だったと結論づけられることがあります。夜間外出禁止令が発令された2005年パリ郊外暴動事件など移民関係の問題が山積しているからです。僕も渡仏するまでは、フランス人は自国に誇りを持ってそうだし、プライド高そうだし、他文化を許容することができないのかな、なんて考えてました。それは、まったく違っていて、フランス人は他文化にかなり寛容なことが分かってきました。

フランス人の中には、白人の他にも黒人、アラブ系、アジア系、南米系など様々な人たちがいます。職場では彼らと留学生が混じり合って仕事をしていますが、フランス人とそれ以外を隔てる壁を感じることは少ないです。フランスは人種や文化の交流がうまくいっている国だと感じます。いろいろな肌の色や髪の色の子が、物心ついた頃から学校や公園で一緒に遊んでいるのを見ると次世代はもっとうまくいくんだろうと、想像できます。

日本の移民問題で、フランスの移民政策の失敗を教訓に日本は移民をやめた方が良いという論調もありますが、これは全く違います。日本とフランスの置かれている状態が全く違うからです。日本がフランスのように移民政策をとったら、フランスの成功(失敗?)レベルまで達しないは明白です。

2009年12月3日

2009年11月のトップエントリ


Paris, France
11月は4エントリを更新して、アクセスは約39800PVでした。

上旬に日本からフランスに帰ってきて、下旬には出張でマドリッドに行くという日程でした。移動中は日本で買って持ってきた本を読む時間があり、久しぶりに書評を書いてみました。このブログは書評のカテゴリが現在61エントリと最も多いのですが、7月以来書いていませんでした。たくさん書評を書いていた頃と同じぐらいの頻度で本は読んでいるのですが、全て紹介しないようになっています。自分のメモのためにも、書評を再開しようかなと思います。

今週の人気エントリです。10月最終日に更新した「日本一時帰国の雑感「日本は絶えず進化している」」が10月に引き続いて首位でした。
  1. 日本一時帰国の雑感「日本は絶えず進化している」
  2. フランス人から見た日本特集『Un oeil sur la planète: Japon : le reveil du sumo ?』(1/2)
  3. フランス人から見た日本特集『Un oeil sur la planète: Japon : le reveil du sumo ?』(2/2)
  4. もうそろそろ日本はもうダメだと言わなくてもよい
  5. 日本文化エロネタに対するフランス人の反応
  6. 第10回 Japan Expo Paris 2009行ってきました
  7. 日本色の付いた技術ではもう世界で勝てない
  8. 海外でもリアルタイムに日本のテレビを見る方法(無料)
  9. 日本はもうダメだ論と日本の優秀な人材
  10. 日本人はなぜ悲観論が好きか