2009年11月29日

フランスで将来リーダーになる運命を感じて成長する人たち


Paris, France
フランスは18歳の時の入学試験で優秀な成績を収めたグランゼコール出身のエリートが社会を主導しています。対する日本は社会に出てからもほぼ平等な立場でリーダーの地位を目指して競争します。これに関して、日本は誰もが競争を降りることなく、希望を持って上位を目指せる環境があるから、全員が辛くなってしまうという趣旨のエントリがありました。

人生は早めに諦めよう! - Chikirinの日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

しかし一定の年齢で、たとえばイギリスやフランスに生まれていれば小学校の終わりくらいで、「自分にはオックスブリッジやグランゼコールにいって、エリートキャリアを手に入れて、高給が約束された職業を得るのは無理だ」とわかる。
確かにフランスは18歳で上位のグランゼコールに入学すると将来のリーダー候補になり、それ以外の人は、お気楽な人生を歩むことになります。つまり、このシステムは18歳以降の順位を固定し、大器晩成を否定するシステムです。このようなシステムが日本でも受け入られるとは思いませんが、希望を持って上位を目指せる環境が全員を辛くしているというのは、あるような気がします。

このエントリでは、一般のフランス人がどんなにお気楽に幸せに過ごしているかではなく、フランスのシステムが作るエリート達について日本と比べてみていこうと思います。

2009年11月26日

パリの日本食レストランは質と値段のバランスで勝負した方が良い


Paris, France
Business Media 誠:松田雅央の時事日想:“ニセジャポ”にダマされてはいけない……海外の日本食事情 (その1)にパリの日本食レストランについての記事が出ていました。パリで、おかしな日本食が蔓延していて、外国人が日本食に失望することを心配する記事です。正しい日本食を評価し推進する組織も、「スシポリス」、「日本人以外が経営する店の締め出すナショナリズムの障壁」などと批判を浴びています。

2009年11月20日

[書評] 21世紀の歴史——未来の人類から見た世界

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界ヨーロッパ最高の知性と讃えられることもあるフランス人のジャック・アタリ氏による今後50年〜100年ぐらいの歴史を想像する内容です。過去の歴史の流れを解説し、現在現れている兆候を分析して未来を想像します。原著は”Une brève histoire de l'avenir”として2006年に出版されたものです。

本の帯には「世界金融危機を予見した書」と書かれていますが、著者は起こる時期は2025年までとしていたので、時期については実際の状況の方が前倒しされています。ただし、金融危機が起こる前の2006年にファニーメイ、フレディマックの問題を指摘したり、実際に起こったことと近い予測をしていたのは、やはり驚きです。

2009年11月7日

2009年10月のトップエントリ


Avignon, France
10月は更新エントリが3つで、アクセスは約35500PVでした。出張が3回あったためか、その月に更新したエントリ数の最低記録を6ヶ月ぶりに更新してしまいました。更新しなかった期間が25日だったのも、おそらく最長期間だと思います。

10月最後の出張は日本で、そのまま2週間滞在しています。バカンスのようなものなので、時間がある時にブログを更新しようと思っていたら挨拶回りで意外と忙しかったりして、あまり書く時間がありません。それでも、時間が経つと慣れて忘れてしまう感覚は日本にいるうちに書かなければと思い、来日してから5日目に日本一時帰国の雑感「日本は絶えず進化している」を書きました。

10月最終日に更新ししたのにも関わらず、このエントリが10月に最もアクセスを集めたエントリとなりました。今月書いたエントリは両方トップ10に入ったことになります。以下が、今週の人気エントリのトップ10です。
  1. 日本一時帰国の雑感「日本は絶えず進化している」
  2. フランス人から見た日本特集『Un oeil sur la planète: Japon : le reveil du sumo ?』(1/2)
  3. フランス人から見た日本特集『Un oeil sur la planète: Japon : le reveil du sumo ?』(2/2)
  4. センター入試とバカロレアに見る日仏の違い
  5. 「2020年までに1990年の25%CO2削減」は絶妙な一手
  6. フランス語の勉強の仕方
  7. 第10回 Japan Expo Paris 2009行ってきました
  8. もうそろそろ日本はもうダメだと言わなくてもよい
  9. 日本文化エロネタに対するフランス人の反応
  10. 日本色の付いた技術ではもう世界で勝てない