2009年5月30日

格安航空券と電車で欧州をまわる


Venice, Italy
パリも暖かくなってきて、夏のヴァカンスのための予定を考える時期です。旅をするとホテル代もかさむので安くいろいろなところをまわりたいなと思います。こういった時には、ある都市への往復チケットを買うのではなく、行きと帰りを別々に違う都市から発着した方が効率的に都市をまわれます。つまり、パリ→ミラノのチケットとピサ→パリのチケットを買っておいて、旅先でミラノからピサへ移動する途中でいろいろな都市をまわっていくという方法です。

2009年5月23日

[書評] 愚か者、中国をゆく

愚か者、中国をゆく (光文社新書)
幼い頃から中国に興味を抱き続けてきた(p.5)”という著者が中国を旅した記録です。この本に収録されているのは、1986-1987年ごろの中国の話で、著者が大学3-4年生だった頃の記録です。香港ー広州ー西安ー蘭州ー嘉峪関ーシルクロードーウイグルと今でも少し冒険のような道のりですが、筆者が旅した時代は天安門事件よりも前の時代です。その頃の時代の雰囲気を良く描いていて面白かったです。旅人の心理や、旅を共にしたアメリカ人のマイケルとの人間関係、出会った人々の様子や、当時の中国にありふれていた不条理と不合理が分かりやすく描かれています。その状況に戸惑い、順応していく筆者の過程を読み取れるのが興味深いです。下に本書の道のりを地図で作ってみました。


より大きな地図で 愚か者、中国へいく を表示

2009年5月21日

フランスから見えるアメリカは浅はかな国


Versailles, France
フランスではアメリカを悪者にすればOK」では、フランスはアメリカを浅はかな国だと見ていると書きましたがこのエントリでは、どんなところが浅はかに見えるのか紹介しようと思います。未来のことを考える際に、よりたくさん考えたからといってより正しい解答を見つけられるとは限らないので、アメリカの多少浅はかな行動力は、羨望の対象となったりするのも同エントリで書いた通りです。思慮の足りない青年の行動力/実力に対する老人の感情という感じでしょうか。

2009年5月16日

フランスではアメリカを悪者にすればOK


Versailles, France
今週でフランスに来てから丸2年になります。フランスに来るまで全く意識しなかったことで、フランスでよく知られている事実として日本が捕鯨に賛成している点があります。「日本人はなんで絶滅しそうなクジラをそんなにしてまで食べたいの?」とフランス人に最初に問われたのは、渡仏後すぐのことでした。その時は、クジラなんて食べたことも無くて、両親ですら食べたことがあるか、ないかの全くなじみのない生活を送っていたので、ただただ食べたことないと愛想笑いするしか無かったことを覚えています。

2009年5月4日

海外に出た方がいいと説得する方法


Lyon, France
日本はもうダメだ論と日本の優秀な人材」と「日本をもっとダメな国だと思い危機感を煽りましょう」で、「日本はもう立ち直れない」 だから「海外で働こう」という分析についての考えを書いてきました。元となる記事は大きな注目を集めたようで、J-CASTニュースに掲載され、ヤフーニュースへ転載されていました。多くの人がこの話題に関心をもって、意見を表明しているのは興味深いです→J-CASTニュース : 「日本はもう立ち直れない」 だから「海外で働こう」に賛否両論

2009年5月2日

日本をもっとダメな国だと思い危機感を煽りましょう


Paris, France
日本はもうダメだ論と日本の優秀な人材」で書いた日本はピンチになると救世主が現れる的な物語を頭から信じているノーテンキな人だと思われそうなので少し補足しようと思います。まずとびっきり楽観的なシナリオを描いたのは、「On Off and Beyond: 海外で勉強して働こう」で描かれていた、荒唐無稽な”日本はもう立ち直れないと思う”という予測に違和感を感じたからです。それらよりも現実味がある反対側のシナリオに突っ走ってみて極論との均衡を保とうと考えました。「海外で勉強して働こう」で言うところのベストケースです。もう一度明治維新が起こったり、日露戦争に勝利したりすると確信しているわけではないことを指摘しておきます。

2009年5月1日

2009年4月のトップエントリ


Barcelona, Spain
今月は6エントリを投稿して、アクセス総数は約23000PVでした。今月もあまりエントリを投稿できませんでしたが、4月最後の日に投稿したエントリ「日本はもうダメだ論と日本の優秀な人材」に多くの人たちに興味を持っていただいたようで、一日で約3000PVと過去最高のアクセス数を稼ぎました。このエントリは仕事でバルセロナに行った帰りに、見つけた記事が気になって一気に書き上げたエントリでした。参照した記事が多くのブログで話題になっていたために、このエントリにも注目が集まったのだと思います。

このエントリを投稿してから約二日で、現在65個のはてなブックマークが付いています。訪れてくれた方がいろいろなエントリに、はてなブックマークを残していってくれたおかげで、この記事の前にはブログ全体で310ほどだったブックマークが一気に398個に増加しました。
バルセロナではブログを通じて交流が続いていたcruasanさんと会うことが出来ました。仕事の分野も近く、同じく海外で働く者同士の考え方など刺激になりました。紹介していただいたレストランもすばしかったです。楽しい時間をありがとうございました。ブログにも共感していただいて、嬉しい限りです。
いつもの通りに今月のアクセス数の上位10のエントリを紹介します。多くの注目を集めたエントリがたった1日だけでアクセス数のトップになりました。また、今回から毎回ランキング上位に来てしまうまとめエントリをランキングから外すことにします。

コメントをいただいた方、見てくれている方、ありがとうございました。これからも、このブログをよろしくお願いします。
  1. 日本はもうダメだ論と日本の優秀な人材
  2. 世界にいい影響を与える国:ニッポン
  3. フランス人から見た日本特集『Un oeil sur la planète: Japon : le reveil du sumo ?』(2/2)
  4. 外国人に受ける日本の動画
  5. フランス人から見た日本特集『Un oeil sur la planète: Japon : le reveil du sumo ?』(1/2)
  6. 日本人はなぜ悲観論が好きか
  7. 日本文化エロネタに対するフランス人の反応
  8. フランス語の勉強の仕方
  9. フランスのマンガ人気
  10. 国民総かっこよさ(Gross National Cool)とは
過去のトップエントリはこちらです→