2009年6月4日

天安門事件から20年の六月四日に中国人に意見を聞く


Versailles, France
今日は天安門事件が起こった日から20年目の記念日です。特に気にしていたワケではないのですが、昨日「日経ビジネス」を見ていたら最近だけで3つも特集が組まれていたので、思い出したのでした。日本ではそこそこ取り上げられていることが分かります。それらによると、やはり天安門事件は中国共産党の失敗だったという見方が大半です。天安門事件から始まる20年間で中国が発展したことは事実ですが、それによって共産党による武力鎮圧が肯定される論調は日本には見当たりません。
これらの特集によると、今時の中国の大学生は、天安門事件に無関心であるということが分かります。また、中国のメディアは天安門事件に関する報道を禁止されていることが分かりました。
「六・四」——キャンパスに流れる“平穏”:日経ビジネスオンライン
20周年を機に、日頃から密につき合っている北京大学の学生および北京在住の記者たちと「六・四」について内密に議論してみた。彼ら・彼女らとのコミュニケーションを通じて、2つの違和感を覚えた。  1つ目に、現在の学生(学部生、院生を含めて)が当時の事件に極めて無関心で、場合によっては存在すら知らないということである。
...(略)...
家庭・学校・社会という3つの教育現場を通じて語り継がれていないこと、「六・四」に関して何か特別な言動を起こすことで、将来のキャリアが冒されること、の2点が北京大生が「六・四」について知らない、あるいは無関心の原因になっている。
...(略)...
中国メディアの記者たちが「六・四」に関する一切の取材を禁止されていることである。状況を考えれば、当局による報道規制は想像に難くない。
今日会った中国人に「今日は中国に特別な日じゃない?」と質問してみました。思った通り反応は薄く、少し考えないと分からないぐらいの間がありました。報道も無いそうなので、当然なのかもしれません。しかし、続く意見は日本ではまるで聞いたことも無い意見だったのです。

曰く、1)天安門事件のデモを起こした学生は、すべての学生ではないが、米ソ冷戦下の状況でアメリカの工作員に煽動されていた学生がたくさんいた。2)人民に攻撃を加えたことは残念なことだけど、あの状況下では他に方法が無かったこと。そして、3)現在は中国共産党も少しは反省している、とのことでした。あの時にもっとひどい混乱が起こっていたら、もっと大変なことになっていたというのが、共通見解であるようです。

日本における報道とあまりの違いにあぜんとしつつも、「じゃあ、今日は別に特別な日じゃないんだね?」と聞いたら、全く普通の日と同じだと言ってました。"「六・四」が歴史の1ページに刻まれるには、もう少し時間が必要なのかもしれない。"と結論されている「六・四」——キャンパスに流れる“平穏”と完全に一致します。さらに加えて、ちょうど一か月前の「五四運動(反日、反帝国主義を掲げる大衆運動)」は中国にとってものすごく特別な日だと教えてくれました。こちらも今年は90周年の記念にあたります。日本では関心の薄かった(?)五四運動と関心の高い天安門事件。中国共産党が評価する五四運動と中国では報道が禁止されている天安門事件。日本人と中国人の認識の違いはすごく大きいと感じます。

(ちなみに、話をしてくれた中国人は、中国人が中国共産党へ対する3タイプの考え方で紹介した分類で言うと、「3. 中国共産党を容認」に近いかなと感じました。)

関連

2 comments:

yutakarlson さんのコメント...

■中国・天安門事件から20年‐警備体制高まる―一日も速く、民主化、政治経済の分離、法治国家化を!!
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/06/20.html
こんにちは。天安門事件から、20年たちましたが、あの頃の政権が実質上何も変わらず、運営されているということ自体が信じられません。やはり、中国の現指導者はすでに過去の人々であり、今では何が本当の富の源泉であり、何が人々を豊かにしていくかなど考え及びもつかないのだと思います。こうした連中に将来はありません。しかし、もう少しで中国でも、比較的豊かな家庭で育った文化水準も高い連中が、職場でも中核的地位につきつつあります。数でいえば、2万人くらいでしょうか?この連中が中国の指導層になる頃には、随分変わってくると思います。ただし、間違っても長野で中国の旗を振り回した「馬鹿者ども」などに権力の座など与えるべきではありません。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

Madeleine Sophie さんのコメント...

yutakarlsonさん、

コメントありがとうございます。中国が変わるには20年では全く足りなかったようですね。僕はこれはある意味しょうがないかなと思います。56の少数民族が混在する中国社会で一気に民主化することによる混乱の恐怖は理解できるからです。

中国の根強い反日イデオロギーは聞き及ぶことがあります。反日を煽っている上層部が最も日本を嫌悪している反日の親分だと勘違いしそうですが、実はイデオロギーから自由なのです。彼らは思想ではなく民族をまとめる手段として反日を現在利用しているだけにすぎません。そういった意味で社会の上層部に振り回される下層部において最もイデオロギーが強くなる傾向があります。こういったことを勘案すると”長野で中国の旗を振り回した「馬鹿者ども」などに権力の座”が与えられることはあり得無いと思いますよ。

コメントを投稿