2008年5月14日

日本語をしゃべれることの価値


Paris, France
何語をしゃべれることが人生を有利にするか考えたとき、ほとんどの人の回答が英語となることでしょう。例えばこのブログが英語で書かれていたとすれば、おそらくすでに5倍以上のアクセスを稼いでいるでしょう。その分、自分の考えを共有できる可能性が増加し、新たな情報を得られる可能性が増します。英語圏の経済規模は、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、インドを含めると日本の5倍ほどです。また、母国語以外に英語を話す人口を加えると英語経済圏はさらにさらに増加します。それでは英語以外の言語を学習するとすると何語が有利なのでしょう。そして日本語をしゃべれることはどれほど有利なことなのでしょうか。

Blogthings - What Language Should You Learn?(何語を覚えるべきか?)」というサイトに回答することで何語を覚えるといいかアドバイスしてくれます。僕が最初に回答したときには、日本語を覚えることをアドバイスされました。それでは、どのように回答したのか見てみます。
  • 人生であなたが最も欲しいものは? 機会の利点を取って、成功すること
  • 新しい言語を学習する一番の利点は? 職業の機会と刺激的な旅行する場所を増やすこと
  • 週末に最もよく楽しむことは? 人気の飲み屋で友達とマルガリータを飲むこと
  • 学校でどの教科が得意だったか? コンピュータサイエンス
  • 言語習得に最適な方法は? 一生懸命勉強する
と回答したところ、
あなたは日本語を覚えるべきです。あなたは切れ者で、風変わりな日本の文化を掘り下げる準備ができています。イングリッシュ(Engrish)から早食いコンテストまで、あなたはクレイジーなガイジンとなるべく生まれて来たのです。サイコー。
You Should Learn Japanese. You're cutting edge, and you are ready to delve into wacky Japanese culture. From Engrish to eating contests, you're born to be a crazy gaijin. Saiko!
とアドバイスされました。日本語は日本人にしか通じないことから、世界では有用ではないように思われがちですが、いろいろな分野で英語の次に覚える言語として選択される候補の中の一つです。「フランス語の国際的地位」で翻訳したサイトによると、世界で最も影響力ある言語の1位は英語で、2位がフランス語、日本語は8位でした。言語の習得には、各人の重視する事柄が強く影響するため、一つの指標で量るのは無理があります。「何語を覚えるべきか?」のサイトでは、「成功する」、「職業の機会を増やす」、「刺激的な場所」、「コンピュータサイエンス」といったような分野で、日本語の重要性が認識されていると言えます。

僕が全く0から世界に存在する三言語を選べるとしたら、英語と日本語とその他の一言語を選びたいと思います。英語は必要不可欠なので選ぶ理由は必要ありません。一つの言語に依存することで物事の見方が一方的なることは多く、英語と全く違う系統の文化を背景とした日本語を選びます。また、上に述べたような利点も付け加わります。そう考えると日本語を母国語とすることは、以外と有利なことであることが見えてきます。サイトによると、日本語は「風変わり」で、「一生懸命勉強する」必要がある言語として捉えられています。確かに45の平仮名、カタカナと2000に及ぶ常用漢字を覚えるのは非常に手間がかかることだと思われます。ますます、日本語を母国語とすることの利点が強化されるように思います。

0 comments:

コメントを投稿