2008年5月23日

フランス語の勉強の仕方2


Paris, France
フランス語の勉強の仕方」では、何としてでもフランス語をマスターするぞという人向けだったのですが、みんながそうではないと思います。このエントリーでは、もう少し肩の力を抜いて勉強できる方法を紹介していきます。このエントリーで紹介する方法は、児童向け図書で学習する方法、お気に入りの映画で勉強する方法、フレンチポップで学習する方法です。

肩の力を抜くといっても、言語を学習する上で重視するポイントは、上記のエントリーと何ら変わりません。つまり、単語聞き取りです。同じ理由で、音声と文章がセットになった教材を手に入れることを重視します。単語をチェックすることと、発音の聞き取りに慣れることを目的とするからです。

児童向け図書は、児童がフランス語を学ぶ時に用いられるものなので、正しいフランス語で書かれていて、初心者が学ぶのには最適です。さらに、有名な物語だと、全てのフランス人が一度は読んだことがあるという点が良いです。これは、フランス人との会話の中でこの物語の話題を出したときに、みんなが反応できる話題であるからです。もちろんフランス語で有名な物語の筆頭といえば、星の王子様でしょう。同じ理由で映画では大ヒット映画のアメリを推します。フレンチポップでは、むしろ日本でも有名なエディット・ピアフなどの古典を覚えることで、カラオケで使えるかも知れません。
  • Le petit prince(星の王子様)でフランス語を学ぶ
    2007年現在、全世界で8000万部、日本では600万部売れている、超有名な物語です。日本では2005年に著作権が切れたことでいろいろな出版社やウェブサイトで物語の内容を知ることが出来ます。この本は子供のイマジネーションや、大人の滑稽さなど学ぶことが多い本です。トルコ人を信用しようとない科学者や、椅子から動こうとしない地理学者から、フランス人自身が気づいているフランス人の基本的な性質が見えると感じました。
    1. フランス語全文「星の王子さまをフランス語で読む!Le Petit Prince
    2. 音声教材(有料)「Le Petit Prince. 2 CD
    3. 日本語全文「あのときの王子くん LE PETIT PRINCE Antoine de Saint-Exupery 大久保ゆう訳

  • Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain(アメリ)でフランス語を学ぶ
    言わずと知れたフランス映画の第ヒット作です。映画を何度か見た後、音声だけを聞くと頭の中に情景や表情まで浮かんでくるようになるため、ニュアンスまで覚えるには最適な教材です。DVDをMP3形式に変換するのは少し手間がかかるのですが、Audacityというソフトで出来ます。全文スクリプトを書き出してくれている以下のサイトに感謝して、フランス語を勉強しましょう。
    1. フランス語全文「Amelie会話集

  • フレンチポップでフランス語を学ぶ
    日本には何度かシャンソンブームが来ているようで、フランス語の曲も知っている人が結構います。有名な曲は下の1のサイトに歌詞が出ています。それ以外でも、インターネットで検索すれば、歌詞を探すのは容易です。音声の方はまず、youtubeで曲を検索した上でTubefireでそれをMP3に変換します。また、2のサイトはフレンチポップの詳しい解説が出ているブログです。フランスポップに詳しくなりたい人は要チェックです。
    1. French Pops Net フレンチ・ポップス・ネット シャンソンとフレンチポップスを聞いてフランス語を知る 100 ans de chansons françaises
    2. French Pops Net Blog
フランス語に限らず、言語を上達させるには単語を調べ、それを覚えるという地味な作業が必要です。「フランス語の勉強の仕方」で紹介したような地道な努力を続けるのが一番の近道です。しかし、それで言語が嫌いになったら本末転倒です。その言語に魅力を感じることが重要です。そう言った面から、上に紹介したような勉強方法もあるということを覚えておくと良いと思います。

関連:フランス語の勉強の仕方(まとめ)

0 comments:

コメントを投稿