2008年4月24日

[書評] 仏検3・4級必須単語集/仏検 準1級・2級必須単語集

仏検3・4級必須単語集―petits pois仏検 準1級・2級必須単語集
言語習得のススメ」で書いたように、日常会話を問題なくこなすには大体3000単語ぐらいを暗記する必要があります。外国語の日常会話をこなす上で、一番時間がかかるのがこの3000単語の記憶です。このエントリーでは僕がフランス語の単語帳で一番いいと思う単語帳を紹介します。

まず、僕は仏検3・4級必須単語集―petits poisを買って、とりあえずわからない単語を単語帳に移して全部覚えました。CDはipodに移して30回ほど聞きました。しかし、音声はpodcastなどにももっと興味深いフランス語の会話がたくさんあるため、この書籍に付属しているCDはそれほど興味深くはないと思います。

世にたくさんあるフランス語の単語帳の中で、この書籍がいい点は中級と上級が用意されている点です。例えば、先に中級の単語帳を買って、後で自分の単語レベルが上がってから上級の単語帳を買うとします。このとき、単語帳のシリーズを替えてしまうと、同じ単語が収録されている可能性があります。その点、このシリーズを選べば、中級と上級の書籍間での単語の重複は避けられます。そこが、このシリーズの良い点だと思います。あとは、単語の記憶で重要なのは、やる気と気合いを保ち続けて繰り返すことなのでどの本でもそれほど大差ないとも言えます。

あともう一つの指摘としては、教科書や日常会話で出て来た単語を単語帳に移しているので、既製品の単語帳は必要ないという見方もあります。実際この考え方は一理あると思います。僕は、今大体4000語レベルだと思うので、次は電子辞書に(*)マークがついている5000語を覚えようかと思っているのですが、いちいち書き出すのはめんどくさいです。やっぱり、既製品で頻度別に区別して単語を集めてある書籍は利用価値がありました。
仏検3・4級必須単語集―petits pois
久松 健一 (著)

201の短文から1400余の必須語彙を修得。《仏検》の3・4級受験に学内テストに。付属CDを活用すれば聞きとりもディクテも対策は万全です。やさしい動詞活用のしくみ付き。
仏検 準1級・2級必須単語集
モーリス ジャケ (著), 久松 健一 (著), Maurice Jacquet (原著)

興味尽きない仏文の一節を目で追い、CDで聞きながら、2000余りの必須単語が無理なく修得できます。《仏検》形式の演習問題で備えも万全。受験者はもちろん、一段上を目指す方々にも。

0 comments:

コメントを投稿